PR iPhone・iPad

発表直後に予約したくなった、物欲をくすぐる最新『iPad mini(第6世代)』の魅力と使い方

2021年9月15日

iPad mini(第6世代)

Image: Apple

2021年9月15日の午前2時(日本時間)に開催されたアップルのイベント。

iPad・iPad mini、Apple Watch Series7、iPhone 13・iPhone 13 Proと、予想された新製品が発表されました。

iPhone 13 Proは、う〜ん欲しいけどスペック調べて熟考しないと、と若干冷静でいることができましたが、8.3インチのフルスクリーンデザインに変身したiPad mini(第6世代)は、すぐさまポチりたいほど魅力的。

そこで、第5世代の前モデルとの違い、現在使用中のiPad Pro 11インチ(2018 第1世代)との使い分けなど、購入前提で頭の中を整理してみました。

iPad mini 第5世代(2019)と第6世代(2021)の違い

iPad mini(第6世代)

Image: Apple

これまでiPad miniにまったく興味がなかった筆者が、今回の発表されたiPad mini(第6世代)のプレゼンテーション中に語られた、手のひらサイズ・フルスクリーン・A15 Bionicチップ・Touch IDなどのフレーズに興味津々。
思わず欲しくなってしまいました。

とはいえ、最安モデルでも約6万円するので、いったん落ち着いて前のモデルとスペックを比較してみました。

  iPad mini(第6世代) iPad mini(第5世代)
ディスプレイ 8.3インチ / Liquid Retinaディスプレイ / 2266 x 1488ピクセル 7.9インチ / Retinaディスプレイ / 2048 x 1536ピクセル
チップ 64ビットアーキテクチャを持つA15 Bionicチップ 64ビットアーキテクチャを持つA12 Bionicチップ
ストレージ 64GB / 256GB
カメラ 12MP広角リアカメラ・ƒ/1.8
12MP超広角フロントカメラ・ƒ/2.4
8MP広角リアカメラ・ƒ/2.2
7MPFaceTime HDフロントカメラ
コネクタ USB-Cコネクタ Lightningコネクタ
サイズ・重量 195.4×134.8×6.3mm / Wi-Fi 293g・Wi-Fi+Cellular 297g 203.2×134.8×6.1mm / Wi-Fi 300.5g・Wi-Fi+Cellular 308.2g
バッテリー Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
Apple Pencil Apple Pencil(第2世代)に対応 Apple Pencil(第1世代)に対応
価格(税込) Wi-Fi:64GB 5万9800円、256GB 7万7800円
Wi-Fi+Cellular:64GB 7万7800円、256GB 9万5800円
 

iPad mini(第6世代)最大の特徴は、サイズがほぼ変わらないのにディスプレイが大きくなり、チップやカメラの性能が飛躍的にアップしたこと。

また、ホームボタンがなくなり、本体上部のロックボタンに内蔵されたTouch IDの指紋センサーで認証できるようになったのは何かと便利なはず。

もちろん、セルラーモデルは5Gに対応しています。

iPhoneと一緒に持ち歩く、手帳の代わりになるかも

iPad mini(第6世代)

Image: Apple

では、iPad mini(第6世代)を購入後にどんな使い方をするのか。

現在、自宅の作業デスクには、Mac mini(2020 / M1)とDellのウルトラワイドモニターがメイン機。

リモートワークが中心になると、外作業のメイン機だったMacBook Pro 15インチの出番が激減。
さらに、仕事で外出する際は、携帯性に優れたiPad Pro 11インチを持ち歩くことが増えることに。

と、そこでiPad mini(第6世代)を購入したら、どんな用途として使うことになる?
アップルのプレゼンテーション中に思い浮かんだのは、手帳の代わりに活用することでした。

とにかく、重くてかさばるデバイスは日常的に持ち歩きたくない

iPad mini(第6世代)

Image: Apple

以前にも書きましたが、仕事や遊びを問わず、出かけるときはできるだけ荷物を減らしたいのが筆者の性分。

とはいえ、ポケットに詰め込み手ぶらで外出するのは不安もあるので、PORTERの「TANKER」シリーズぐらいのコンパクトで収納に優れたバッグを持ち歩きたいかなと。

おおよそ幅が200〜300mmなので、iPad Pro 11インチも余裕で入るものの日常的に持ち歩くには468gはちょっと重すぎる

iPad mini(第6世代)なら297gなのでそこまで負担には感じないはずだし、いつも使っているRHODIAのメモ帳「ドットパッド No.16 / A5サイズ(148 mm x 210 mm)」と同じぐらいで、厚さが6.3mmとかさばることもないはず。

iPhoneはパンツのポケットに、iPad mini(第6世代)はバッグの中に日常的に入れて持ち歩いて、そうだ!とiPhoneでやっていた用途を8.3インチの高精細なディスプレイとApplePencilでやれるとしたら、ちょっと便利だしQOLも上がりそうな気がしたのでした。

最新の11インチiPad Pro(2021)を見送りに。2018(第1世代)を使いづける理由 - レコメンド・マニア
最新の11インチiPad Pro(2021)を見送りに。2018(第1世代)を使いづける理由 - レコメンド・マニア

recommend-mania.com

 

メモや読書、外部ディスプレイなど、用途を限定して活用するのがベストかも

iPad mini(第6世代)

Image: Apple

前述の通り、iPad mini(第6世代)は手帳の代わりにすると効率の良い作業や時間の使い方ができると思っています。

たとえば、気づいたことをノートアプリ「GoodNotes 5」で手書きメモ。テキスト変換もできるし、ユニバーサル購入をすればMacとの連携も簡単。

Kindle」や「dマガジン」などの読み放題サービスを場所を気にせず楽しむツールに。

カメラアプリ「ShutterSnitch 」を入れておけば、デジカメで撮影した画像をWi-Fiで瞬時に転送。シャッターを切るたびにレビューができます。

カレンダーやタスク管理もアプリをGoogleアカウントと連携しておけばデバイス間で同期されるので管理がしやすくなる。

 

電車での移動中でも8.3インチのディスプレイなら、私やってます感を出さずに気軽に使えるはず。

やっぱり手のひらサイズでApplePencilが使えるのが一番のキモなんですよね。

 

用途を限定すれば、ストレージは64GBでも十分か? コストを抑える意味でもWi-Fiモデルだよね?

買う気満々の一歩手前で、まだ考えることはありますが、ガジェット系YouTuberの早い者勝ち的なレビューを待って決めたいと思います。

 

Source:Apple

-iPhone・iPad
-,