PR アクセサリー

iPad Proを購入したので「Smart Keyboard」も考えたけど、やめました

2016年1月16日

iPad Proを購入したので「Smart Keyboard」も考えたけど、やめました

iPad ProはすぐにiPhoneと同じauで予約をして発売直後に入手しましたが、予約から入手までの間に、キーボードやケースカバーをどうするか、情報を集めつつあれこれ考えました。

もっともシンプルなのが、アップル純正の「Smart Keyboard」と本体背面をプロテクトしたい場合はアップル純正の「シリコンケース」の組合せでしょうね。
でも、2つ揃えるだけで3万円超えというのは、いかがなものか? と考えました。

ロジクールの『CREATE Backlit Keyboard Case for iPad Pro 』は、キーボード付きで前面背面ともにカバーしてくれるので2万円弱というのはお手頃かもしれませんが、量販店でさわってみたところ、ちょっとごつくて重いかなと感じました。

いずれも、英語キーボードというのも気になりました。

Origami Workstation for Apple Wireless Keyboardは、iPad Proでも十分使える

Origami Workstation for Apple Wireless Keyboard は、iPad Proでも十分使える

ということで、キーボード付きカバーケースの購入は、これかなと思うモノがリリースされるまではやめにして、これまでiPad 2で使っていた「Apple Wireless Keyboard」とキーボードのケース兼スタンドになる「Origami Workstation for Apple Wireless Keyboard and iPad 」を続投することにしました。

上の画像は、「Origami Workstation for Apple Wireless Keyboard」の前面カバーを開いた状態ですが、下の画像のように左右を折り曲げてマジックテープで固定するとiPad Proを斜めに立てるスタンドに早変わり。

Origami Workstation for Apple Wireless Keyboard は、iPad Proでも十分使える

実際にiPad Proをセットした状態が下の画像となります。

Origami Workstation for Apple Wireless Keyboard は、iPad Proでも十分使える

「Magic Keyboard」ではないので、充電ではなく単3電池が3本必要です。
とはいえ、出費なしで問題なく使えるので、いまのところ満足しています。

難点は持ち運ぶときにかさばるのと「Smart Keyboard」と比べて当然ですが多少重いことです。
でも、日本語JIS対応なのでタイピングは慣れて知った通り快適にできます。

当分はこのスタイルでiPad Proを楽しむ予定です。

-アクセサリー
-,