PR デスク&テレワーク アクセサリー

iPhone・iPadに高速充電。磁石でつくから絡まないUSB-Cケーブル『CABLEMAG』

2021年10月20日

image: Amazon

充電やデータの転送などで頻繁に使うケーブル。

でも、収納したり、持ち歩くときに面倒なのが、絡まってぐちゃぐちゃになってしまうこと。

そんなとき、ケーブル結束バンドで手軽に結束して固定できるので便利です。

でも、結んだり外したりって意外と面倒ですよね。

 

そこで、もっと便利なものはないかとAmazonで見つけたのが、CellyのCABLEMAG(ケーブルマグ)』シリーズ

まるめた状態でキレイにまとまる磁石付きのケーブルで、充電もデータ転送もOK

さっそく、その特徴や使い勝手をみていきましょう。

Celly CABLEMAG USBC-USBC 1m|磁石でくっついてまとまるUSB-Cケーブル。Androidの充電やデータ同期に。MacBookやSurfaceにも使用可能。デスクの上を整頓し、持ち運びも便利。

10cmごとにマグネットが付いて取り外しが簡単。キレイにまとまる

もう絡まらない。磁石でくっついてまとまるケーブル『CABLEMAG』

Image:Amazon

 

Celly CABLEMAG USBC-USBC』は、最大60Wの高出力USB-C充電に対応した、データの同期・転送にも利用できるマグネットケーブル

長さは1m。10cmごとにマグネットが付いていて、必要な長さだけ延ばしてつかえるので、いつでも快適に使えます。

もちろん、バッグや引き出しに入れておいてもケーブルが絡むことなくスッキリ。

複数の『Celly CABLEMAG USBC-USBC』をくっつけておけば整理も簡単です。

 

もう絡まらない。磁石でくっついてまとまるケーブル『CABLEMAG』  

Image:Amazon

 

Celly CABLEMAG USBC-Lightning』は、iPhoneなどLightning端子に接続するケーブル。

同じく10cmごとにマグネットが付けられ、長さは1m

最大60Wの高出力・高速充電対応なので、約30分でiPhoneのバッテリーを最大50%まで充電できるそうです。

Celly CABLEMAG USBC-Lightning 1m|磁石でくっついてまとまるLightningケーブル。iPhone、iPadの充電やデータ同期に。デスクの上を整頓し、バッグの中でも絡みません。

 

デスクまわりのケーブル配線をスッキリさせる

もう絡まらない。磁石でくっついてまとまるケーブル『CABLEMAG』

Image:Amazon

 

デスク環境を整えるときの最大の課題がごちゃごちゃしがちなケーブル配線。

でも、『CellyのCABLEMAG(ケーブルマグ)』シリーズがあれば、ケーブルのマグネットをデスクの側面や裏側など、磁石がくっつく場所に付けておくことで、キレイにレイアウトすることができます。

これなら、いちいちケーブルクリップで固定しなくてもOK。

自宅でのテレワークで、仕事が終わったら片付けて移動する場合でも、簡単に丸くまとまってくれるので手間がありません。

 

もう絡まらない。磁石でくっついてまとまるケーブル『CABLEMAG』

Image:Amazon

 

結束バンドや輪ゴムなどで結んで・外しての繰り返しが不要に。

コンパクトなので場所を選ばずに、充電やデータ転送も手軽に行うことができるようになるはずです。

 

ちなみに、すべてにこのケーブルを活用するとなると、若干コストもかかるので、そんなときは『ケーブル結束バンド』と合わせて使い分けをしてみましょう。

もう絡まらない。磁石でくっついてまとまるケーブル『CABLEMAG』

Image:Amazon

Trilancerケーブル結束バンド, バンド収納 ストラップ, コード配線収納, 繰り返し利用可40本15CM

 

Source: フォーカルポイント

-デスク&テレワーク, アクセサリー
-