PR スマートウォッチ

Apple WatchではなくGARMIN『VENU2』を選択。購入後に機能性が高いアクセサリーも揃えてみた

以前、買い替えてきたスマートウォッチの歴史と現在も使い続けているGARMINのスマートウォッチ「Venu 2」を購入したポイントの記事をポストしました。

2年ほど前の話なのでネタとしては少し昔話になりますが、いまでもVenu 2やアクセサリーを快適に使っているので、GARMINユーザの参考になれば幸いです。

チェック
実際に使い続けてわかった、失敗しないスマートウォッチの選び方、買い換えるポイントは? - レコメンド・マニア
実際に使い続けてわかった、失敗しないスマートウォッチの選び方、買い換えるポイントは? - レコメンド・マニア

recommend-mania.com

 

これまでApple Watchを購入しなかった理由

Apple Watch

image: Apple

 

 

Apple Watchを購入しなかった最大の理由は、バッテリーの可動時間が短いことです。

現在AppleStoreで販売されているApple Watchの「Series 8」と「SE」が最大で18時間。10万円超の「Ultra」が最大36時間

高速充電対応のSeries 8 は、45分程度でバッテリー残量が0%から 80%に、 Ultra は1 時間程度でバッテリー残量が0から80%になるそうですが、どのみち毎日充電をしないといけないので常にバッテリーのことが気になってしまいます。

アプリが充実していて、スマートロックなどサードパーティーのガジェットと連携できるなど、活用メリットは多いわけですが、このバッテリー問題がネックとなり現在でも購入したいとは思えないのです。

ちなみに、Venus 2のバッテリー稼働時間は、スマートウォッチモードで約11日間、GPSモードで約22時間、GPS+音楽再生モードで約8時間稼働

筆者はスマートウォッチモードで使用しているので1週間に1回程度の充電と事が済んでいます。

 

Venu 2と同時に購入したアクセサリーたち

GARMINのスマートウォッチ

image: Amazon

 

Venu 2の便利な機能や購入したポイントについては、前述の記事を参照していただくとして、ここでは同時に購入した便利なアクセサリーをご紹介します。

 

GARMIN用 充電スタンド

GARMINのスマートウォッは、Apple Watchのようにワイヤレス充電に非対応だけでなく、本体裏にある充電コネクタは独自の形状をしていて、同梱の専用ケーブルでしか充電ができません。

これが面倒だったので、GARMIN専用の充電スタンドを購入しました。

デザインは腕時計スタンドのようでスタイリッシュ。
材質がアルミニウムなので軽くて頑丈、高速充電と-過電圧・過電流保護に対応しています。

 

筆者はお風呂に入る前に充電をすることが多く、充電スタンド(USBケーブルをアダプタを介してコンセントに挿した状態)はリビングにある間接照明の棚板の上に設置。充電する際は、本体裏面の(凹部分)を充電スタンドのコネクタ(凸部分)に挿すだけなのでとても簡単です。

充電時間は、20%前後のバッテリー残量が100%まで約60分程度
お風呂から上がって冷たいドリンクを飲みながら“そろそろ終わったかな”と確認するとほとんどの場合、充電が完了しています。

繰り返しになりますが、デザインがおしゃれで、重さはわずか120g。アルミの色がしっとりしているので、どこに置いても目立つことなく溶け込みます。

これで折りたたみ式であれば旅行などに携帯できるんですけど、1500円を切る価格なのでよしとしています。


 

GARMIN用 防塵プラグ

さきほど説明したとおり、本体裏にある充電コネクタは小さな穴が空いているような凹状態なので、キッチンでの水洗いや部屋の片付けなどをしている際に水やホコリが浸入して故障の原因にならないかと少し心配になります。

実際は、5ATM(5気圧)防水で、水泳やシャワー、スパなどでも問題なく作動するので水関係は心配なし。
ホコリが充電コネクタの凹部分に溜まったこともありませんが、腐食予防のため念には念をということでコネクタを保護するために防塵プラグを購入しました。

Venu 2に限らず多くのGARMIN製スマートウォッチに対応していて、10個入りで600円ちょっと。

週に1回程度、充電するときに外すだけなので、入れたり外したりの面倒は特に感じていません。

備えあれば〜の商品なので、どうしても必要ということでもありませんが、Venu 2を長く使い続けるためにもあればあったで便利なアクセサリーだと思います。

 

Venu 2 ガラスフィルム / 45mm専用ケース

本体表面の液晶画面と、本体をぶつけたときの衝撃保護のためにガラスフィルムと専用ケースを購入しました。

ガラスフィルムは硬度9Hなので引っ掻きキズに強く、表面に撥水・撥油加工が施されているので汚れや指紋の跡が気になりません

専用ケースは購入したものの、耐衝撃に有効なのは理解できますが、実際に目で確認するとかなりゴッツくてデザイン性を阻害するかなと感じたので使っていません。

外出が多くこれまでにもドアを開ける際などに時計をぶつけた経験がある方には、おすすめかもしれません。


 

-スマートウォッチ
-,