PR アクセサリー

2台目のiPhoneをカメラ専用機に。撮影時に欠かせない、必須のアクセサリーを揃えてみた

iPhoneアクセサリー

以前、2台目のiPhoneを楽天モバイルにて半額程度で購入した記事を書きましたが、iPhone 13 Proをメイン機に、iPhone 12 Proをカメラメインのサブ機として活用しています。

そこで揃えてみたのが、iPhoneのカメラアプリで写真や動画を撮影する際に欠かせないアクセサリー

本記事では、iPhoneをしっかり固定して、手ブレを抑えつつ簡単に撮影できるいくつかのアイテムをレビューを兼ねてご紹介します。

 

Ulanzi Bluetooth スマホグリップ

iPhoneアクセサリー

 

iPhoneのカメラは、ミラーレス一眼カメラとまではいかないものの、レンズを機能性が向上して、いつでも気軽にキレイな写真や動画を撮影することができます。

筆者の場合は、重いミラーレス一眼カメラを持ち歩くことが極端に減り、“スナップならiPhoneで十分じゃん”といった気がしています。

ただ、まだ撮り慣れていないせいか、持ち方が悪いのか、カメラのようにしっかり固定して撮影するのが苦手です。

 

そこで随分前に購入したのが、みんな大好きULANZIの『Bluetoothスマホグリップ』です。

 

iPhoneアクセサリー

 

カメラのように片手でしっかり握れるラバー素材のグリップがあり、その上に取り外しが可能なシャッターボタンを装備。

スマホグリップでiPhoneを挟んで固定して、Bluetoothで接続すれば、ケーブルレスでブレることなく安定した撮影が楽しめます。

このスマホグリップを使うようになってからは、カメラを手にしたような撮影が手軽にできるので快適そのもの。

2000円を切る価格で購入できるのは、安価で高機能、使いやすさを考えたULANZIさんならではと思います。

 

もちろんiPhoneだけでなく、本体の幅が62mm〜83mmのスマホであれば挟んで使うことができます。

ただ、シャッターボタンは撮影を実行するだけで、カメラのように半押しでフォーカスを合わせることはできないので、右手でグリップをしっかり握り、画面に映る対象物を左手の指でタップしてフォーカスを合わせてからシャッタボタンを押すようにしています。

慣れてくればサクッと撮影できるようになるので苦に感じることはありません。

 

iPhoneアクセサリー

 

また、スマホグリップの底面には1/4のネジ穴があるので、三脚マウント・アダプターのようにミニ三脚などに固定した撮影も可能です。

シャッターボタンは取り外しができるので、自撮りや記念写真を少し離れた場所から遠隔で撮影することもできます。

iPhoneのカメラには顔検出機能があり、フォーカスと露出を自動的に合わせてくれるので撮影も超簡単です。

 

本体サイズは、タテ80mm×ヨコ70mmで、重さがわずか55g。

筆者の場合は、外出する際にカメラ専用機のiPhone 12 Proをスマホグリップに固定してバッグに入れ、撮りたい!と思ったときに取り出して撮影をしていますが、コンパクトで邪魔になることがないので、スマホ1台持ちの方でも出かけるときに持ち歩くと便利だと思います。

 

Ulanzi ST-28 MagSafe用スマホホルダー三脚マウント

 

iPhoneアクセサリー

 

iPhone12シリーズから本体背面にマグネットが組み込まれたMagSafeにより、対応するアクセサリーとの接続がとても簡単になりました。

挟んで固定する方法から、ピタッと磁力で貼り付ける方法へと変わったことを受けて、撮影で便利に活用できるアイテムがないかと探しているときに見つけたのが『Ulanzi ST-28 MagSafe用スマホホルダー三脚マウント』でした。

 

 

購入前に気になっていた磁石の強度、吸着力ですが、16kgまでの吸着力があるN54ネオジウム磁石20枚を内蔵しているそうで、上の写真のように本体に直接付けた場合でも、マグネットを搭載したスマホケースに付けた場合でも、ピタッと貼りついて激しく揺さぶらなければ外れることはありません。

 

横位置で貼り付けた場合は、MagSafeの下部を手で握ることで手持ちの動画撮影が簡単にできます

アルミニウム製で重さが121gのしっかりしたつくりで、手にした感じも安心感があります。

 

iPhoneアクセサリー

 

また、縦位置でも貼り付けられ、回転式で上・左右に位置を変えられるアクセサリーシューには、外付けマイクやライトなどを取り付けることが可能。

底部には38mmのアルカスイスクイックリリースホールと1/4のネジ穴があり、多くの三脚に取り付けられるほか、アルカスイス互換の機器に素早く取り付けることができ撮影の幅が広がるのでとても便利です。

まだ試していませんが、マウントアダプターを別途用意してリングライトに取り付けて撮影したり、ミラーレス一眼カメラに取り付けてモニター代わりに使うなど、ピタッと貼り付けるだけなので、いろいろなシーンで手軽に活用できそうです。

ちなみに、PGYTECH SNAPLOCKプレートアダプターULANZI F38 クイックシュークランプ ベースプレートPeakDesign のキャプチャーへの装着を試してみましたが互換性がありませんでした。

 

Ulanzi ST-28 MagSafe用スマホホルダー三脚マウントの価格は購入時点で3480円。

類似品には、『Joby MagSafe対応 グリップタイト マウント ゴリラポッド』8280円、『Joby MagSafe対応スマートフォン用アダプター』5280円、『Moment Tripod Mount - for MagSafe』44.99ドル〜などがありますが、いずれも割高なので、コスパを追求するならこれ一択かもしれません。

 

Ulanzi BG-4 カメラハンドグリップ +三脚付き

 

iPhoneアクセサリー

 

以前も『Ulanzi BG-4 カメラハンドグリップ +三脚付き』はご紹介しましたが、5000mAhの内蔵バッテリーからiPhoneなどのスマホやGoPro、コンデジ、ミラーレス一眼カメラなどに充電しながら、長時間の撮影ができる三脚付きのハンドグリップです。

出力は10Wで、USB-AとUSB-Cポートから2台同時給電することができ、ハンドグリップへの充電はUSB-Cポートから行います。

4つの小さな充電ランプで残量や充電レベルが確認できるので安心です。ちなみに、三脚部分を取り外すことはできません。

 

iPhoneアクセサリー

 

ハンドグリップの上部に1/4ネジがあるので、iPhoneなどスマホを取り付ける場合はスマホグリップを、GoProならGoProマウントを、カメラなら雲台を取り付けることで、コンパクトな撮影セットを組むことができます。

本体サイズは、高さが158mmで直径が32.5mm、重さは152g。細長いのでバッグに入れてもかさばったり邪魔になることがないので、外出や旅行時だけでなく、同じ容量の充電器と比べると多少大きくなりますが5000mAhの充電器として活用するのもありと言えばありかもしれません。

 

また、5000mAhではコンデジやミラーレス一眼カメラには不十分という方は、10000mAhの『Ulanzi BG-3 カメラハンドグリップ +三脚付き』がおすすめかもしれません。

本体サイズは、高さが193mmで直径が33.5mm、重さは275g。本体と三脚部は取り外すことができます。

 

 

6in1 マルチ スマホ充電ケーブルセット

 

iPhoneアクセサリー

 

さて、さまざまなデバイスのインターフェースがUSB-Cとなっている現在でも、最新のiPhone 13 ProはLightningのまま。

つい先日、EU議会が、充電ポートの規格をUSB-Cに統一する方向で合意したとの発表もあり、いよいよiPhoneもLightningからUSB-Cになるかもしれませんが、現状のiPhoneを使うとしたらLightningケーブルを使うか、USB-C to Cケーブルの一端をLightning変換アダプターを取り付けるしかありません

 

そこで購入したのが、『6in1マルチ スマホ充電ケーブルセット』1236円。

Ulanzi BG-4 カメラハンドグリップでiPhoneを充電しながらの撮影では、USB-C to CケーブルにLightning変換アダプターを装着して活用しています。

 

iPhoneアクセサリー

 

サイズは、クレジットカードとほぼ同じタテ58.5mm×ヨコ88.5mm×高さ10mm、重さ45gとコンパクト

ケースを開くと、USB-C to Cケーブル(28cm)、充電とデータ転送に対応したLightning / Micro USB / USB-Aの変換アダプター、SIMカードリリースピンが同梱され、micro SDカードとnanoSIMを収納するスペースも用意されています。

以前購入したデバイスの充電ポートがMicro USBだったりしますが、ケーブルはUSB-C to C1本で済ませたいと考えているので、これ1つあればスッキリと問題を解決できます。

 

iPhoneアクセサリー

 

また、ケースの裏側にあるスタンドを起こすと65°でiPhoneを立てることができます。

常に持ち歩いて、必要に応じてスタンドを立ててサクッとモバイルバッテリーから充電する、そんなことが手軽にできてしまうわけです。

Amazonには、ワイヤレス充電ができるモデルやLEDライト搭載のモデルなど、機能性と価格帯にバリエーションがあるので、用途に応じて選んでみたいですね。




 

Magsafe対応リング 

 

iPhoneアクセサリー

 

iPhoneでの写真や動画を撮影を最も簡単でシンプルに行うには、いつも使っているアクセサリーを活用することかもしれません。

そこで試してるのが、MagSafe対応のスマホリングです。

選ぶポイントは、指を入れるリングホルダーを閉じた状態でiPhoneに貼り付け、スマホリング側を下にしてテーブルに置いてもガタつかずフラットになること

そして、磁力と吸着力が強力であることの2点。

 

購入したアルミニウム製の『Magsafe対応リング』1599円は、約1200gの重さに耐えられる磁力があり、指を入れる位置に応じて360°回転させながらベストポジションで固定することができます。

厚さ5mmの薄さながらも堅牢なつくりで、iPhoneのスタンドとしてもいきなり倒れることもなく十分にその役目を果たしてくれます。

 

iPhoneアクセサリー

 

撮影する際は、左の人差し指をリングホルダーに入れ、左手全体でiPhoneをしっかり固定。

右手の人差し指でピントや露出を合わせてからシャッターボタンを押して撮影しています。

この使い方で動画撮影を続けるのは手ブレの心配もあり少し辛い感じもしますが、スナップ写真であれば問題なく撮れます。

 

iPhoneアクセサリー

 

ということで、iPhoneのカメラで撮影する際に役立つ必須アイテムをご紹介しました。

わざわざ重たいミラーレス一眼カメラを持ち出すことなく、気軽にキレイな写真や動画の撮影を楽しみたい人の参考になれば幸いです。

 

Source: Amazon

-アクセサリー
-,